Loading
重要なお知らせ 【生徒募集について】女性のプロ家庭教師による『完全個別指導』のご提案……お気軽にお問い合わせを!

女性教師会 金沢

お気軽にご相談を 076-245-0333 0120-23-0333

相談員・専属教師の視点

ホーム / 相談員・専属教師の視点 / 私が教育業界に入ったときの衝撃!

2017.01.05私が教育業界に入ったときの衝撃!

●主任相談員の和田と申します。どうぞ宜しくお願い致します。
私は『教育業界一辺倒の人間ではございません!』ですから、この業界に入ったとき(2000年)には、それなりの《衝撃》を受けました。そのひとつが、教育関係の重鎮の方々から教えていただいたことなのですが……

◆「我が子の受験に成功したなら積極的にアピールしなさい」
◆「我が子の受験ですら見劣りする結果だと説得力に欠ける」など

「その成功とは大学受験のことであり中学や高校受験ではない」とも……。
今となってはその〔意味や価値〕がよくわかるのですが、当時を振り返ると、確かにその方々のお子様は皆「難関大学」に合格されていましたし、説得力の違いを肌で感じていました。

私は、教育業界に入る前は、家電メーカーで勤務していましたので、『そのような言動は一般的に慎むもの』だと考えていましたから、その温度差は衝撃的です。

ただ、民間教育機関の中で『相談の担当者』として勤務する上では、重要なことでは……と感じながら、今日に至っております。

我が子のあゆみ→⑤参照  

TOP