Loading

相談員・専属教師の視点

ホーム / 相談員・専属教師の視点 / <ひまわり先生>のつぶやき(4月~現在)

2020.06.01<ひまわり先生>のつぶやき(4月~現在)

ひまわり先生のプロフィール

難関大学の理系学部→同大学院卒/指導歴20年以上の『上席専属教師』(当会に15年以上在籍)/上位進学校においても指導可能教科は多岐に渡り、現代文・古文・漢文・数学(数Ⅲまで全て)・化学・生物・英語など/予約待ちの人気教師で毎年3月頃には定員満了となります(当会の上席教師は皆同じ流れ)/主に中学生*や高校生*を担当し、芸術系や看護系も含め、あらゆる受験に対応可能。【紹介コメント=教務部 猪子】*当会全体としては小学生も多数在籍

中学3年生の模試(sf#6)2020年6月①

今回は中学3年生のための石川県総合模試についてお話します。

休校が終わり、新しい日常生活は意識しなければならないものの、友達とも会え、切磋琢磨できる環境に戻ることが可能になってきました。

中学3年生はようやく「受験生」という意識も芽生え始め、親御さんもその部分に関しては、ほっとされている一方、目指している志望校と現在の力の差がわからないという不安を抱かれているのではないかと思います。

立ち位置を知って志望校を判断したり、苦手な範囲を知ってさらに力をつけたりするために、模試の受験は有効です。

石川県総合模試は例年7月から受験がはじまりますが、今年の7月模試は自宅受験形式だということで、もしかすると正確なデータが出にくいかも知れません。

8月からについては明確になっていませんが、公開会場での模試の受験ができれば、体力面、精神力面についての確認もできます。

自身がどれほど体力を使うのか、試験という場でどれほど緊張するのか、さらに、どれほどの集中力が必要なのかを知ることも重要です。

次回のテーマは「日々の学習時における集中力」です。
テーマが変わることもありますが、ご了承下さい。

専属教師 ひまわり


勉強に必要な体力(sf#5)2020年5月②

石川県では今週から分散登校がはじまり、6月からほぼ通常登校になりそうですね。

休校中は「毎日体を動かしましょう!」という体育の宿題が出ている学校もあったと思いますが、体力の維持は難しかったと思います。特に受験生は体力が必要です

学校が再開すると受験勉強も本格化し、模試も始まりますね。模試を1日中受けるだけで体力がかなり必要です。特に中学3年生にとっては受けるだけで疲れてしまうでしょう。

しかし、最後に受験する科目まで、しっかりと集中して解答することが求められます。

試験に向けての日々の学習のために必要な体力はもちろん、本番で力を出し切るための体力もつけていく必要があります。また、体力をつけることは精神的にも良いといわれています。

学校も始まるので、体力維持を意識し体を動かすことと平行して学習を進めていきましょう。

次回のテーマは「中学3年生の模試」です。
テーマが変わることもありますが、ご了承下さい。

専属教師 ひまわり


新しいことに取り組む(sf#4)2020年5月①

石川県では、学校の休校が、もう少し続きそうですね。一緒に頑張りましょう。

今回はこの休校を利用して、今までしたことのない新しいことに取り組んでみてはどうかという提案です。

たとえば、読書、工作、料理、園芸などなど。

特におすすめするのは料理です。なぜなら、目標の決定、材料の選択、切り方の選択、優先順位臨機応変な対応等、非常に多くのことを考え、身につけることができるからです。

私が教えている中高生に尋ねると、休校になる前から親御さんがいないときを中心に、普段から週1回以上料理をしているお子さんが半数ほどいました。(もちろん男女関係なく)

料理は様々なことを学べるだけでなく、どんなときにどうすると危険なのかを知ることができ、本当に危険な時に対処できる力も身につきます。

目標に向かって優先順位を意識して取り組むことは、学習においても大切で、最も身につけたいことです。

何か新しいことに取り組んで、新しい力を身につける有意義な休校期間にしたいものですね。

次回のテーマは「勉強に必要な体力」です。
テーマが変わることもありますが、ご了承下さい。

専属教師 ひまわり


生活リズム (sf#3)2020年4月③

新型コロナウイルスによる学校の休校が続いており、生活リズムが崩れているお子さんも多いと聞きます。

新年度が始まりましたが、学校から時間割が配られることもないままですね。そこで今回おすすめしたいことは時間割を作ることです。

小学生や中学生であればお子さんと一緒に、教科配分を考えましょう。高校生であればお子さん自身に任せましょう。

基本的には学校の時間数と同じ授業時間と休み時間で作ることが良いと思います。

教科配分については、このような状況だからこそ、最も苦手な教科の比率を上げたり、最も得意な教科の比率を上げたりと、一人一人の個性を伸ばせる時間割作りもいいですね。

次回のテーマは「新しいことに取り組む」です。
テーマが変わることもありますが、ご了承下さい。

専属教師 ひまわり


休校中の予習(sf#2)2020年4月②

学校の休校が続いており、宿題が郵送で届く形も増えています。高校生だけでなく、中学生も予習に入る科目が増えてきました。予習の第一段階は教科書を読むことから始めましょう。

英語や国語の言語科目は特に音読が大切だと言われています。「音読ができる=読解ができる」わけではありませんが、音読できなければ読解もできるようになりません。音を知った上で、その言葉の意味をしっかり理解することが大切です。

また、言語科目以外も新しい用語は声に出して音を明確にし、その言葉の意味をしっかり理解することが大切です。

「語い」は私たちがより多くの知識を身に付けるための最初の道具です。道具がないままでは、次の段階の知識を身に付けることが難しくなります。まずは「語い」から理解していきましょう。

次回のテーマは「生活リズム」です。
テーマが変わることもありますが、ご了承下さい。

専属教師 ひまわり


休校中の学習(sf#1)2020年4月①

はじめまして、専属教師の<ひまわり>と申します。今後はたびたび投稿したいと思いますのでよろしくお願いします。

新型コロナウイルスにより、学校の休校が続いているところも多いです。週に一度の登校日も急きょとりやめになってしまうこともある中、たくさんの宿題が出ていると思います。

宿題では(中高に関わらず)予習しなくてはならない科目もあり、自身で理解するには難しい科目もあるかもしれませんね。ただ、この期間にきちんと学習できるかで、明確な差ができてしまいます。

一方で宿題を早めに仕上げると、授業が進まない今だからこそ、自身の苦手なところや前学年で理解できていないところの穴を埋めることができると思います。

日々状況が変わる中、お互いの命を守りつつ、未来につながる勉強という行動も続けていきたいですね。

次回のテーマは「予習」です。
テーマが変わることもありますが、ご了承下さい。

専属教師 ひまわり

TOP