Loading

・自宅指導の利点

ホーム / ・自宅指導の利点

自宅指導の利点(教室指導も可)

こちらでの文面は〈自宅での指導〉の利点という観点で掲載致しました。他の指導スタイルを否定するものではございません。(当会では教室指導も展開中*)

その論点はその環境や指導スタイルがお子様に合っているのか?』です。《教室指導》などは当会でも展開しているため、その良さは十分に理解しております。

*当会の〈教室利用〉においては、新型コロナウィルスとの共存を余儀なくされた現状を踏まえ、適宜な展開を心がけております。今後の様々な事象を勘案した上で臨機応変の対応を視野に入れていく所存でございます。

①保護者の送迎不要

ご自宅から離れた場所に《教室》があると、通うだけでも時間がかかり、さらに指導終了は夜になる傾向ですから、保護者の方が送迎されるケースも多いようで、ご家庭側の負担が大きいと言われます。

自宅での指導ですと夜道の不安もございませんし、その時間を学習にあてることも可能であり、お子様自身の時間効率が良くなります。また様々な『感染症リスクも極めて低い』です。

【理由】:2020年春の学校休校時、家庭教師はクラスター化のリスクも低く、休業要請の〈対象外〉となっただけではなく、当会の教師陣だからこそ〈衛生上の規定〉を忠実に守る姿勢が認められ、99%以上のご家庭で指導を続行された実績がございます。

② 保護者の目が届く

《教室指導》ですと、保護者の方の目が届きにくく、何をしているのか分からないというご意見もよく耳にします。事実「何となく過ごし時間を潰していた」や「友達との社交の場」になっていることが少なくありません。〈自宅での指導〉は実際の指導内容の確認もでき安心です。

特に〔長子が受験〕される場合、保護者の方は《不安に駆り立てられる》ことも多いと思われますが、先生が自宅に来ることで、都度ご相談に応じることも可能ですから、その不安も軽減されます。(お子様だけでなく)苦難を乗り越える様々なフォローが喜ばれています。

③ オーダーメイド

〈オーダーメイド〉で対応ということは一人ひとりに合わせた指導を実践しているだけでなく、女性が得意としている、きめ細やかな対応で、どこに問題があるのかを見極め、成績の壁になる要因矯正*の手助けにも挑戦します。(*可能な範囲まで)

これは「女性指導者」による『1対1の完全個別指導(=家庭教師)』だからできることもあると考えますが、《教師1人✕生徒複数》では元より難しいことです。
「自分流の学習法で大丈夫?」ご参照

④ 無駄のない学習環境

《教室指導》のスタイルはいくつかありますが、先生1人に対して生徒が複数になるスタイルでは、それぞれの生徒さんの異なる理解度への完全対応は難しいでしょう。お子様が「質問がしづらい」など、よく耳にすることです。

一般的に《個別塾》と呼ばれる教室でも1対1での指導は、あくまで《短時間限定》です。 1人の生徒さんに担当教師が、契約時間(=80分~120分)横に付くことは不可能です。それが〈完全個別〉の自宅指導となりますとお子様に合わせて、契約時間は横にみっちり付いての指導となりますので、無駄の少ない学習が可能だと考えます。
【参考】「個別」と「完全個別」は違います!

⑤ 学習以外の相談もしやすい

お子様の指導は〈自宅〉となるため、リラックスでき、学習以外のことでも相談しやすい環境がうまれます。家族や友人には話しにくい悩みなども「当会の家庭教師」の先生には話せることもあるようで、精神的支えとなります。

保護者の方自身が「精神的な支えになっていただいた」とのお声もあり、信頼関係が築けることは、先々の受験突破には大きなメリットとなるでしょう。
※先生への《食事》《お菓子類》などのご用意は一切不要(教師陣も承諾済み)


●小中学生
(例1)学習に苦労しているお子様なら
学校も含めた《教室指導》では、1人の生徒さんにじっくり時間を割くことは不可能でしょうし、わからないところがそのままになりがちです。《前の学年に戻った指導》は難しいものです。しかし当会の家庭教師ですと根気強い繰り返しの指導が可能となります。

(例2)成績上位のお子様なら

まず《苦手な範囲》の補習や《解けなかった問題》を徹底的にクリアさせます。〈見直し〉にきっちりと対応できることから最も効率の良い民間教育の選択となります。余裕があるなら《先取り学習》に移行しますし、当会の家庭教師だけで頑張っている生徒さんは毎年多数在籍。こっそりとライバルに差をつけられます。

●高校生

(※)当会生徒の半数が高校生
小・中学から指導を開始し、高校に合格されてからも継続される生徒さんが当会では多く、現在では半数が高校生となっています。高校生の学習で、もし「数学」で苦労している生徒さんなら当会の家庭教師の本領発揮といったところでしょうか。また、高校生こそライバルに差をつけられるのが当会です。

★ご相談はお気軽にどうぞ!!★

『選ばれる理由』ご参照

『女性教師会の強み』ご参照

TOP