Loading

お知らせ

ホーム / お知らせ / 新型コロナウィルスに関する当会の方針

2020.03.02新型コロナウィルスに関する当会の方針

主任相談員の和田と申しますが、よろしくお願いいたします。

エリア内の小・中・高の休校が決定し、感染防止に関しましては、当会としても細心の注意を払わなければならないと考えます。しかし、長い春休みになることを勘案し、当会の指導スタイルであれば、患者クラスター化(小規模感染者集団)のリスクも低いのではないかと考え、下記の注意事項を踏まえた上で通常通りの運営が(今は)最善だと結論付けるに至りました。

今後の様々な事象を勘案した上で臨機応変の対応も視野に入れていく所存でございます。(指導停止にせざるを得ない場合は、後日振替対応とします)

【注意事項】双方とは「生徒」と「教師」

①当会の中心指導である自宅での1対1に限ります。
②可能な限り、双方ともマスクの着用をお願いします。
③双方の一方が37.5℃の発熱がある場合は一旦指導停止とします。
感染の疑いがある場合は検査で陰性が確定するまで一時指導停止とします。

【指導・14日間停止の要件】
双方の一方が37.5℃の発熱が4日以上続いている。

双方の一方が強いだるさや息苦しさがある。
双方の一方が新型コロナウィルスに罹患した。
双方の一方が新型コロナウィルスの濃厚接触者と判断できる。
→例)同居家族が陽性/参加している団体が患者クラスター化(小規模感染者集団)/地域での流行を指す
エンデミックと認定された場合(パンデミックとは国中や世界中での流行) など

※④~⑧を除き《風評被害的な理由》と判断したものは基本的に指導続行で考えています。

女性教師会・金沢
主任相談員 和田伸一
管理責任者 猪子和美

 

TOP