Loading

・女性専門の理由

ホーム / ・女性専門の理由

※家庭教師という職業は『女性の活躍の場が広い』と考えます!

①指導者としての適性が抜群!

女性は〈細やかな気配り〉や〈面倒見の良さ〉など指導者としての適性は抜群なのですが「民間教育団体」では、どちらも夕方からのお仕事になるため、一般的にその人数は限られると言われています。(特にプロ家庭教師はとても希少な存在)

しかし、当会では『女性教師会』という看板を掲げ〈人柄〉と〈指導力〉にこだわった多数の採用に成功しており、女性の家庭教師では唯一無二の協会となっています。

②感染症リスクが極めて低い!

2020年春の学校休校時、家庭教師はクラスター化のリスクも低く、休業要請の〈対象外〉となっただけではなく、当会の教師陣だからこそ〈衛生上の規定〉を忠実に守る姿勢が認められ、99%以上のご家庭で指導を続行された実績がございます。(喫煙者もゼロ)

【衛生上の規定】
●マスクは教師・生徒の双方着用をお願いします。
●指導開始前は教師・生徒とも手指の除菌(手洗いなど)をお願いします。
●指導の合間(休憩中)にはお部屋の換気をお願いします。
●教師・生徒とも毎日の検温をお願いします。 など

③適応力に優れている!

女子生徒は、ほぼ全員が強い希望として「女性でお願いします」と回答するのに対し、男子生徒の約半分は「男性、女性のどちらでも……」と言うのです。

当会では、男子生徒を上手に対応できる先生も多いため、現に生徒構成の約40%が男子生徒となっています。当会なら「女性の先生希望」を確実に実現できるということです。(下記表:2021.1月現在)

  • 女子生徒の教師希望

  • 男子生徒の教師希望

  • 当会生徒の性別構成

下記のエピソードは女性指導者の良さを物語っています。
→スケートの高橋大輔選手(2020年1月からアイスダンスに転向を発表)
TOP